.。・☆・.。. さんチャン’s しあわせ工房.。・☆・.。.

しあわせは、いつもあたりまえのように思っている日常の中にある(*^ ▽^ *) あたりまえのようであたりまえじゃない、ちいさなしあわせを、日々の中で見つけていきたいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田口くんの呼び方を検証していたら…

なぜ今さら、このカテゴリに、この内容が…?(笑)







私が、いつも『気にかけている人』、それが田口淳之介。

彼の呼び方、彼を好きになってから、どんだけ変わったことだろう?












はじまりは、『じゅんの』だった。

相方のTるちゃんに観せてもらった『海賊帆』の中で、ひときわ私の目を惹きつけて止まなかった、スラッと背の高い、ハンサムな男の子。

それはまるで、私が昔から描いていた、私の理想を詰め込んで出来上がったキャラクターの男の子が実体化したかのような美青年。(いや、当時はまだ、美少年だったか…)












その子が、田口淳之介という名前で、愛称が『じゅんの』だということを教えてもらって、初めて、『じゅんの』と彼を呼んだ瞬間のくすぐったさが甦る。

その瞬間、彼は私の中で、確かに『トクベツな存在』になった。












そして、いつの頃からか、私は彼のことを、『じゅんくん』と呼んでいた。
『くん』は、限りなく『クン』に近いニュアンスで。(←わかってもらえるかな~?)

今となったら、いつどんなきっかけでそう呼ぶようになったかは、まったく覚えていない。

ただ、自分の中で、彼の位置づけを『身近にいる男の子』というところに設定(もちろん、妄想の中で。痛い・・・笑)した頃だったかもしれない。

今ではもう、そんなくすぐったい呼び方は、到底出来ない。
そんなふうに彼を呼んでいた過去を消し去りたいくらい、恥ずかしい。











…恥ずかしすぎる。これは、ナイ。マジで恥ずかしい。消えたくなる。













そんな彼が、私の中で『田口くん』に変わったのは、これまたいつのことなのか…???


ものすごく気になるけど、話したことのない、同じクラスの憧れの男の子を呼ぶようなカンジでだったのか、一歩引いたところから彼を見るようになったからなのか、それも今となってはわからない。

今、つらつらと考えてみると、6年強の田口くんファン人生(笑)の中で、『田口くん』と呼んでいる時間が一番長くなってしまったような気がして、ふっと笑ったりしてみる。











ホント、いつから私にとって、田口くんは『田口くん』になったんだろう…???














今日ふと、過去映像を見返したときに、気づいた。

もしかすると、彼を『じゅんくん』呼びしていた頃が、ある意味、最大級で彼に恋していた至福の時間だったのかもしれない。












妄想の中で、身近にいる片想いの相手のような、甘酸っぱい想いを抱いていた男の子は、あるときから、本来の位置付けに戻ってしまった。

そう、決して手の届かない、遠くのアイドルという、本来の存在へ。

そうあるべき場所へ。









そして、夢から醒めたときに、理性で感情を捻じ伏せて決めたことがある。

それは、もう、彼の言動のひとつひとつに、いちいち一喜一憂しない…、ということだった。(その割に、衣装に関しては、けっこう厳しく追求をしてしまう。似合わない衣装、コレだけは絶対に許せなかったり、する…。笑)

さながらジェットコースターのように、ものすごいスピードで昇ったり下ったりするのは、非常に不本意だ。嫌すぎる。
とてもじゃないけど、身が持たない。

だから、自分の中にある彼の位置づけを、ある意味、自分自身で、本来の位置に戻したのだ。

そのときは確か、泣くだけ泣いた(ように記憶している)けれど、涙が涸れるまで泣いたら、案外あっさり冷静になれたような気がする。
自分よりもこんなに年下のアイドルに、もうこれ以上心を乱されてたまるもんかー!って、そんなことを強く感じた。














そうこうするうちに、私の中にあった彼に対する想いは、最初の頃に比べると全然違うものに変化した。ある意味その変遷は、劇的だとさえ思う。

けれど、彼に抱いた、甘酸っぱい初恋のような、淡いかわいらしい気持ちは今、私の中の宝物箱の中に、ちゃんとしまわれている。決して、消えてしまったわけでは、ない。

それはそれで、鍵をかけて、これから先もずっと、自分の中のいちばんキレイな場所に、大切に保管しておくつもりだ。それは、チェッカーズを宝物箱に入れて、その当時の想いと共に、永遠に封印した時と、とても似ている。

一度は出来たことだ。今回も、出来ないはずはない。
そうやって、私は自分の気持ちを、出来るだけキレイな形で封印することを選んだ。

自らの意志で。












今、私が田口くんに望むことは、彼が、ひとりのふつうの男性として、ふつうのしあわせをたくさん感じてくれることはもちろんだが、それ以上に、彼が選んだ職業において、彼が『天職』と言った今の立場上において、誰よりも、何よりも輝いていてくれることだ。ここだけは、譲れない。何がどうあっても。

あの、彼の舞台の上における圧倒的な輝きは、まさしく宝石。
磨けば磨くほど光る、ダイヤモンドのような存在だ。

その、至宝の輝きを、絶対に鈍らせないでほしいと、心から願う。
祈るように・・・。












どんな形であれ。

田口淳之介という人が、私の中で大きな存在だということは、まぎれもない事実。

彼を応援したいという気持ちに、一点の曇りもないことも、事実。













私が、大大大大大好きなKAT-TUNのメンバーのソロの舞台を東京まで観に行くのは、どんなことがあろうと、田口淳之介が初めてでなきゃ、イヤだ。これも、譲れないことのひとつ。

うえぴーのライヴは、広島には観に行ったけど、遠征してまで観に行くのは、絶対絶対、最初は田口くんでないと、イヤだ。











とっても傍迷惑な、勝手な取り決めごとだが、私はその日が来ることを、心の底から待っている。

この、数年の願いが、どうか今年・・・叶うことを・・・











祈ったらいけないので(笑)、やっぱりいつものように、過去完了系で先にお礼を言ってしまおう♪











田口くんの初のソロ舞台を、観せてくれて、ありがとうございます。












言霊、言霊。













田口淳之介。

前とは違う形だけれど、私は今でも彼のことが大好きだ。















【解説】

なんか、小説のような書き方になってしまいました。(笑)
なるべく、感情というものを入れずに、事実を淡々と書いてみたかったので。客観的に。

感情を入れると、真実が見えなくなるので…。

こういう書き方をすると、割とあっさり、本音が見えてきたりするんだな~なんていうことに、気がつきました。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。















テーマ: ひとりごとのようなもの | ジャンル: 日記

過酷な数字 | Home | いとしのSIX 戦士ず♪

コメント

おぉっ!

瑞さん♪
ホント、超お久しぶりです!!
お元気そうで、何よりです。
私はというと、これまた、このエントリを書いた頃とは気持ちも変わってるのですがね~。
最近では、昔から興味のあったもの、昔から大好きだったもの、最近興味を持ち始めたものに…と、各種多方面にアンテナをはりめぐらせてます。
というのも、現実世界のものでないことをナンバーワンでオンリーワンにしてしまうと、それを失ったときの衝撃がものすごいことを知っているからです。
自然と気持ちが変わった場合は、そう反動はないんだけどね。

瑞さんも、何か心にひっかかることが、あるのかな。
誰にだって、あると思うよ。
過ちを犯さない人なんて、居ないと思うし。
私も、今からでももし逢えるなら、逢って謝りたい人とかも居るもん。多分二度と逢えないだろうけど…。
もし、どこかで偶然出逢えたとしたら、そうする必要があるということか、神様が『もう逢っても大丈夫だよ』ってことで逢わせてくださったんだろうな~って思うだろうな。
それでも、どうでも二度と逢えないのなら、その人への償いは出来なくとも、今後同じ失敗は繰り返さない、同じことで別の人を傷つけることは絶対しないって心に決めるための出来事だったって思うようにしようって…。
きっとそれも、お互いが書いた『シナリオ』で、お互いが生まれる前に、『そういう役割を担ってくださって、ありがとうございます』って約束をして、納得をして生まれて来たっていうことなんだと思うよ。
どちらにも後味の悪いものが残るかもしれないけれど、私は、そんな出逢いも含めて、今までの人生を否定することはやっぱりしたくないし、自分を好きで居ることを、やめないようにしようと思ってます。
自分と最後までつきあってくれるのは、向き合ってくれるのは、自分しか居ないわけだからね~。

…って、なんかエラそうに書いてるけど、説教するつもりとかは、全然ないの。
最近、ボーっとしてて、知らないうちに悪い意味で人に甘えたりしてた自分への戒めというか、見方道の再確認のようなものなので、私の呟きと思って読んでもらったらと思います。って、それを瑞さんへの返事にするのも、どうかと思うけどね。(笑)

緩い更新になってるココだけど、よかったらまた、遊びに来て下さいね♪

2011/12/04 (Sun) 09:36 | さんチャン #zC2.WDUU | URL | 編集
懐かしいな

こんばんは お久しぶりです。
長いこと遊びにこれなくてごめんなさいです。

久しぶりにさんちゃんの田口くんに対する声を聞けて嬉しいような恥ずかしいような・・・
私も好きだった頃の情熱はどこへ行ってしまったんだろうか?色々な情報が流れてそっちを信じてしまった私。
いや、別にどちらでもいいのよ。(情報なんてものは)
「好き」という気持ちが持続出来ることが素敵なだけで、それだけで幸せなのよねー♪

田口くんとは関係ない話なんだけど、ちょっと書いてもいいかしら?
前からちょっと気になってたグループがあって、デビューして嬉しかった事。キスマイのことね。
田口くんとは違う「好き」があって、前みたいに田口くん田口君!!じゃなくて
ちょっと広い心で受け止めれる「好き」!(日本語おかしい?)TV見てても、ホワ~ンとする好き(酔っ払ってはいません)、一直線の気持ちじゃなくてという意味なんだけど・・・伝わってるかなぁ?
あ、夢中ではない好きといえば伝わるか(ドテッ)

昨日のTV見てて、
キスマイが出てると「わぁ~(わくわく)」
田口くんだと「あっ(危なっかしいドキドキ)}
違いが自分でもハッキリ分かるぐらい好きという気持ちが違ったの。不思議に。
笑顔って大切なんだなぁ~と、いや、当たり前のことなんだけど忘れてた自分が情けないの。
昨日TVにかじりついて見てて、さんちゃんの声読んでため息が出る。ほんと私ってダメだな。と、今からでも間に合うかな?10年は無理な気もするが、ちゃんと現実を受け止めないとダメだね!逃げては駄目なんだと
いっぱいごめんなさいしないとダメだけど、失くしたものはそう簡単に取り戻せないけど頑張ってみる!
さんちゃん ありがとう。

2011/12/03 (Sat) 18:54 | 瑞 #.PMFreiY | URL | 編集
ありがとうございます

OLIVEさん♪
えぇと…、はじめまして! …でよかったでしょうか?v-356 (もし、以前にもやりとりしていたら、ごめんなさい)
コメントありがとうございます。

そうですねー。いつか、田口くんのソロのお仕事があったら…。
私は、そのお仕事を観て、何を感じるだろうか…?
何がともあれ、それを見届けなければ身動き出来ないっていう気がします。

一日も早く、その日が来て欲しいような、来て欲しくないような…。
舞台の中央に立つ田口くんを、私は一体どんな気持ちで見つめるのかな。

2011/10/31 (Mon) 21:59 | さんチャン #- | URL | 編集
Re:

さんちゃん…本当に気持ち分かる…

田口君のソロ絶対行こーね

でもずっと田口君メインのセンターって…想像しただけで心臓が…(笑)

2011/10/31 (Mon) 08:08 | OLIVE #- | URL | 編集
きゃーんっ!!

りこ♪ちゃま~♪
いやーん、超超お久しぶりです~~~ぅっv-363
お元気そうで、なによりですっ!!

…ねー。思い出しますね~~~。

本人不在のお誕生会。思えば、オフ会で遠征したのは、あの名古屋が初めてでした!
すっごい盛り上がったもんねぇv-363
懐かしいなぁ~~~。

今は穏やかにファンしてますが、私はコンサートに参戦したときは、ついつい、『じゅんのすけーーーっ!!!』って呼んでしまいます。
かわいげがないですかねぇ?(笑)

あ、りこ♪ちゃまの新居、ステキですね!
いいな~~~。憧れちゃいます。(←って、ここで言うな!って感じですよね~。たはは。)

2011/07/23 (Sat) 22:37 | さんチャン #zC2.WDUU | URL | 編集
お久しぶりです!

さんちゃん、ご無沙汰してます。
こちらにコメさせてもらうのは初めてです~。

思わず同じだ!!と思ってしまいました。
私も高熱にうなされるようにかれに恋焦がれていたころは「じゅんの」でした。

彼を好きになって色々あって(苦笑)じゅんのなんて甘ったるい呼び方はできなくなって、
もう長いこと「田口くん」です。

ただ、コンサートでは「じゅんの」に戻るんやよね。。。
田口くんって言いにくいからなのかしらね?

久々のコメなのに痛々しい内容になっちゃったね。。。ごめんなさい。
またお邪魔しますe-51

2011/07/22 (Fri) 16:43 | りこ♪ #- | URL | 編集
毎日暑いですねぇ

むーみんさん♪
ほんと、毎日毎日、暑いですねぇ。
いやいや、素敵だなんて、とんでもない!v-356
右脳ではなく、左脳を働かせて書いたつもりの、駄文です。(笑)
なるべく客観的に、どちら側にも傾かない中立の立場から見て書いてみました。
なんか、混沌としていたものが整理できたような、スッキリ感でいっぱいです。
ある意味これも、断捨離かもしれませんね~。

2011/07/17 (Sun) 20:33 | さんチャン #zC2.WDUU | URL | 編集
ジュンノ

さんチャンおはよ〜5日前から蝉が鳴き始め,今日も暑くなるなぁ〜と覚悟させられる朝です(*´Д`)=з とても読み応えがありました〜呼び方一つでも気持ちの揺れや変化が表れるよね〜☆私はJrの時からずーっと【ジュンノ】なんだけど,気持ちの変化がないわけじゃなくて,前みたいに番組を見逃したら落ち込んだり,雑誌を全買いしたりっていう,密着型だったんだけど,いつからか少し落ち着いてみることができてきて,愛しい気持ちに変わりはないはずだけど,自分なりの距離を取りながら応援している感じです♪さんちゃんと同じタイミングかはわからないけれど,居心地のいい自分の場所で原石をひたすら輝くようにゴシゴシ磨き続けたいと思います♪素敵なエッセイにまとめてくださってありがとう〜☆☆

2011/07/17 (Sun) 09:21 | むーみん #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。