FC2ブログ

.。・☆・.。. さんチャン’s しあわせ工房.。・☆・.。.

しあわせは、いつもあたりまえのように思っている日常の中にある(*^ ▽^ *) あたりまえのようであたりまえじゃない、ちいさなしあわせを、日々の中で見つけていきたいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原作読まずに行くべきだったな。 ~ 映画 『クローバー』 感想 ~

原作のある映画というのは、難しいということですかね。






以下、映画の感想です。ネタバレありありです。
ちょっと辛口かもしれません。いえ、完全辛口だ…。
なので、辛口嫌いな人は、これより先には、進まないで下さいませ。





映画の予告編を見たときは、おもしろそうかな?と思ったので、観に行くことにしたのですが…。

前に一緒にその予告編を見た先輩に、また一緒に行きませんか?と訊いたとき、『原作持ってるけど、読む?』 と言ってくれて、借りることになったんです。
でもコレ、イワクがありまして…。
『実は途中までしか買ってなくて、何巻まであるのかも知らない』っていう前置きをした上で、10冊ほど借りたっていうわけです。

でもこれが当然ながら、すっごい気になるところで終わってて(笑)、ワタシすぐ調べましたわ。ネットで。
そしたら、13巻完結ということでしたのよ。おっほっほ。

先輩が全巻揃えられるのを待ってたら、いつになったら読めるようになるかわからん!と思った私は、先輩に断りを入れて、11~13巻を購入。先に読ませてもらうことにしました。(笑)





そんな経緯があって、とりあえず全巻読破した上で映画を観に行ったわけですけども…。






なんかねー、柘植さんのイメージが、合わん!
O倉くんのドSっぷりは、なかなか堂に入ってはいたのですが、なにぶん、タイプが違うのよー。
ワタシ好みの線の細さではあるのですが、マンガの柘植さんは、こんなに線が細くない。(太くもないのですが。)

そして、ハルキが絶対的に、イメージが違うっ!!
ハルキこそ、もっと線が細く、繊細な雰囲気の役者さんを持ってきてほしかったー。
沙耶との関連性が違い過ぎる…。
確かに、2時間やそこらで描くには、そうするしかなかったのかもしれないけど、違和感アリアリ。
はぁ…酷い。酷過ぎる。うすっぺらすぎる。

沙耶はかわいいけど、服のセンスがどうなの?っていう場面がいっぱいあったし。
この類の映画は大抵そうなんだけど、ファッションにリアリティがなさすぎなんだよな~…。
たとえば、いったい何枚コートを持ってんの?ってくらい、毎日のようにコートが違うとか。
そりゃ、ひと冬をコート1枚っきりで過ごすなんてことはないけど、少なくとも、5枚も6枚も持ってんじゃね?っていう着せ方はどうかと思うわけさ。
ワードローブにしても、毎日毎日違う組み合わせってのが、腑に落ちん。
ベースに何枚か持っていて、それを着まわしてます、って感じにしたほうが、リアリティが出ると思うんだけどなぁ。
っていうのは、私の個人的な意見なのですが。
ついでに言うと、この映画の感想でもないのですが。(笑)





あと、栞お嬢様の性格が、悪すぎっ!! ウソツキか!!!
原作では、専務の姉ってことになってるけど、映画では妹。
原作ではまだ、かわいさもどこかに残っているところがったけれど、映画では、かわいさの欠片もなかった。
同情の余地なしです。

更に、専務もイメージ違い過ぎ!
俳優さんが嫌いなわけじゃないけれど(演技力もあると思うけど)、なにをどう言っても、イメージが違い過ぎなんだよぅ…。(もう書くのがイヤになるほど…)





ここまで配役が残念な映画も、珍しいとさえ思った…。

沙耶も、原作はもっと、おっとりした感じの子だしなぁ。武井咲ちゃんは可愛いけど、沙耶のイメージとは、やっぱり違うというか。






これだけ違和感だらけだと、本来ならキュンキュンきてもよさそうなシチュエーションでも、一切そういうのが感じられなくてねぇ…。
普通なら、ドキッとするセリフなんかもあるんだけど、全然響いてこなくて。

うーん…ここまで違和感だらけで最後までいっちゃう映画も、珍しい…。

途中、クスッと笑えるようなシーンはいくつかったんだけど(さすが、西村雅彦さんです! 彼が居なかったら、どっこも締まらない映画になったのではないでしょーか…)、だからといって、それでオールOKとはなりえません。






映画デーで、よかった…。1,100円以上の金額では、はっきり言って観たくはありません。(キッパリ)

ああ、美女と野獣を観るべきだった…。(こっちは、私がいつも行くシネコンでは、やってないのです。だからこそ、映画デーとかに行くべきだったと…くすん)

ああ、今から行こうと思ってる人がここを読まれたら、ごめんなさい。
そして、O倉くんファンの方々、咲ちゃんファンの方々、ごめんなさい。

あくまでも、原作を知る私個人の感想です。
一般的に観れば、原作と完全に分けて考えられるのであれば、案外おもしろく観れたかもしれません。
そして、O倉くんファンの方々はきっと、何度もキュンキュンされたことでしょう。
イメージ違うって言って、ごめんね?
かっこいいのは、よかったんですよ? ほんとに。
ただ、あくまでも、原作とはイメージが違うっていうことだけで。

はぁ…。

でも、先輩と一緒に観に行けて、一緒にウィンドウショッピングが出来たことは、めっちゃ楽しかったし、よかったです~!!







今日は、圧倒的に運動量が足りないとおもって、1日1万歩、歩いてきました。

一昨日、町内のおまつりで、Mみさん用に買ったシクラメンが、今日の夜、しおしおになっていてビックリして。
お水あげたけど、どうだろう。明日には元気になっててくれるといいな。










そんなわけで、明日はCTを撮りに行きます。(なにが 『そんなわけ』 なのかワカラナイ)
半年ぶりです。再発とか、してないといいな~、と、思います。










平常心で、待つ。        …しか、ない。 | Home | 信じられないことばかりあるの

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。