FC2ブログ

.。・☆・.。. さんチャン’s しあわせ工房.。・☆・.。.

しあわせは、いつもあたりまえのように思っている日常の中にある(*^ ▽^ *) あたりまえのようであたりまえじゃない、ちいさなしあわせを、日々の中で見つけていきたいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういうお話は、大好き! ~ 映画 『エイプリルフールズ』 感想 ~

いつもの如く、重箱の隅をつっつくようなギモンも持ちましたが…(笑)







おもしろかったです、エイプリルフールズ!

ボカして書くつもりですが、充分ネタバレがあると思いマスので、お気をつけて。








今日は、雨の日曜日。
私が通っているシネコンのポイントカードデーだったので、行って来ました!







オムニバスではないのだけど、あちこちに居る、それぞれの物語の主人公たちが、あらゆる場面で交錯してくるタイプの映画でした。
ふむふむ、こういう形式って、前に観た 『すべては君に逢えたから』 と似てるなぁ!とか思いつつ。







なんだかとっても自分勝手な嘘、やさしい嘘、嘘から出た真って感じになっちゃった嘘等、なんとバラエティに富んだウソがひしめきあっていたことでしょうか!

松坂桃李くんと戸田恵梨香ちゃんのお話が主軸にはなっているんだけど、まぁ、伏線があっちこちにあって、おもしろかったのなんのって!

なんでフツーの女の子が拳銃持ってんのよ!?とか、ビヨーンってやってる男の子(大真面目だから、よけいにおかしい)は、なんか置き去りにされてっけど、どうなんの?って思ったりしましたが、どの謎も、全部最後には解いてもらえましたし。
で、あれがラスト!? 
なに、あれ? なんであんなモノが出て来るの!?っていう場面で終わるところが、またいいっ!!

ウソから出た真になっちゃった男子二人については、あんまり本筋とは関係ないエピソードだなとは思いましたら、あれはなんのスパイスだったんだろう…? 私には、特に興味のないジャンルのお話でございました。
うーん、この映画に於いてのあの二人の存在意義って、なんだったんだろう…???







トダエリちゃんの産んだ赤ちゃんですが、生まれたばかりの赤子って、どうやって撮影したんでしょーか?
昔は、たいていのドラマや映画の赤ちゃんって、どうやっても生まれたてじゃねーだろ!みたーな赤ちゃん使ってるじゃないですかー?
まぁ、すっごくリアルなお人形をつくって、糸でもひいて動かしてたのか、とか、はたまたCGでも使ったのか!?と思いましたが、そこは最後までナゾでございました。
まぁ、こんな疑問は、物語の本筋にはまったくをもって関係がないので、どうでもいい話なんですけどねー。






それにしても、里見浩太朗さんと富司純子さんのエピソードは感動的だったなぁ。
人生の重みと深みを感じさせてもらえたし、なんといっても画面が引き締まるっちゅーか。
でも、これだけ奇跡的なことが起こるんだから、あの人たちにも、奇跡が起こってもいいのになぁって思っちゃった。


どーしょーもない男だった桃李くんも、なんだかイイ男みたいになって終わったし、きっとこれから先の人生は、トダエリちゃんと生まれてきた子供ちゃんを大事にして生きていってくれるんじゃないかな~っていう期待感も、ちゃんと持たせてくれたしね。

うん、私やっぱり、こういうお話って、好きー。








それにしても、今日は子供が多かったこと!

ドラ〇ンボールと、コ☆ンと、ドラ□もんがあったからかな?
あ、クレ※ンし×ちゃんもあったのね。
割合って、どんな感じなんだろ?

かくいう私も、コ☆ンは観たい!って思うもんな~。
次の映画の日に、一人でひっそり行っちゃおうかしら?

でも、シンデレラにも興味があるしなー。考えちゃうなー。

本音を言えば、ドラ〇ンボールも観たいくらいなんだけど。
とりあえず、ストロボ・エッジを一人で観に行った時の、なんともいえない疎外感とか、居たたまれなさ感を考えたら、あれに耐えられるくらいなら大丈夫なんじゃないかと思ったりするわけですけども。







ま、次に何に行くかはまた、おいおい考えるとして。

しかしこの映画、4月中に観れて、よかった!(笑)










くわばら、くわばら… | Home | あ…!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。