FC2ブログ

.。・☆・.。. さんチャン’s しあわせ工房.。・☆・.。.

しあわせは、いつもあたりまえのように思っている日常の中にある(*^ ▽^ *) あたりまえのようであたりまえじゃない、ちいさなしあわせを、日々の中で見つけていきたいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球交響曲第八番を観てきました。

えぇと、何年かに1回しかないので、えーと、ここに書くようになってから、初めての記事になっちゃいますね。

そもそも、ここっていつ引っ越してきたんだっけ?






えーと、初めて行ったのが、1994年7月31日の岩国市民会館大ホールであった第一番なので、えー、に、21年前になるのーっ!?(年がバレる…)








図書館で観たポスターに惹かれ(その図書館も、いつも行く図書館ではなかったのが、ある意味凄い。)、一人で観に行ったのが最初。その後は、広島でった上映とトークにも行ったし(1999年8月6日)、2000年1月9日の、龍村監督の上映記念トークにも行ったし、2001年1月8日の新春ガイアの集いにも行ったし、ボブ・サムの神話を語る会にも行ったし、二番、三番、四番、五番、六番、七番すべて観に行かせてもらっています。






…なんて言ったらいいのかな。

世知辛く、世も末…?と思うような荒んだニュースの多い昨今、地球交響曲を観ると、こんな人たちが居てくれる間は、地球もまだ大丈夫かな?と思わせてもらったり、自分にも、この人たちほどのすごいことは出来ないけれど、何か出来ることはないのかなと考えさせてもらったり、とにかく心が洗われるというかなんというか…。

人間が自然につながっていて、自然は地球に、地球は宇宙につながっているということを、左脳じゃなくて右脳で理解させてもらえるというかね。知識じゃなくて感覚で、わかった!って思うんだよね。それはもう、確信。

一番から八番まで、なんと足掛け20年もかかって観て来たんだけど、これからもずっと、監督には元気でいつまでも、九番、十番と続けて撮ってほしいな~と、かなり無理なことを願ったりしています。

ああ、また過去の映像を見返したくなったなぁ。

昔はなかったDVDも発売されてて、5番までは持ってるからいつでも観られるんだけどねー。








前に監督とお話させてもらったときに、DVD化についてどう思うかっていうことを訊かれたことがあって、手元にあっていつでも観られるということにはとても魅力を感じるけれど、限られた日程、限られた時間、限られた場所で上映されるのを、その場に行って観る、ということにとても意義を感じる映画でもあるので、もしDVD化をされることになったとしたら絶対買うし、でも買ったとしても、またどこかで過去のものが上映されたら、きっと私はそこに足を運んで観ると思います、という意見を述べさせてもらったのでした。

やっぱりあの映像は、家の小さな画面で観るより映画館の大画面で観る方がいいし、一人で観るより、同じような気持ちで一緒に観られる仲間と一緒に観る方が断然心に響くと思うんだなぁ。

今回は、上映期間が長くて、まだしばらく観られるので、もう一回くらい行っちゃうかもしれないなぁ。
監督が来られないのは、残念だけど…。

撮影の裏話を聞くのが、またいいんだよねぇ。
いつか、裏話トーク集みたいなのが出たらいいなぁ。メイキングというか。

…っていうこと、どこに言いに行ったら、実現に近づくのかな?(笑)













連休最後は、まったりと♪ | Home | 珍しい夢を観ましてね…

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。