.。・☆・.。. さんチャン’s しあわせ工房.。・☆・.。.

しあわせは、いつもあたりまえのように思っている日常の中にある(*^ ▽^ *) あたりまえのようであたりまえじゃない、ちいさなしあわせを、日々の中で見つけていきたいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自虐ネタになりそうな気もしますが。(笑) ~ 映画 『バクマン。』 感想 ~

私ったら昔々、漫画家になりたいと思ってたことがあったのですが~…








今までもずっと感じてはいたのですが、この映画を観て、ほとほと思いましたわさ。

『なんて身の程知らずだったのだろう?』と…。(笑)









いやー、バクマン。おもしろかったです!
佐藤健くんと神木隆之介くんのコンビ、よかった!!!

神木くんが原作で、たけるんが作画。っていうコンビで漫画家になるのですが、これがもうすごくて!

ちょっと絵が上手っていうんじゃ、漫画家になんてなれないんですよねぇ…。
漫画家っていわば、原作、脚本、演出、監督から美術照明(照明はないけれど…)まで、全部一人でこなさないといけないんだもんねぇ。

私のような、絵は幼稚園児に毛がはえたくらい、年齢の割に、たいしてすごい経験もしていない、わりといつもお気楽に生きてきた人間にゃ、無理な世界ばってん。

いやー、早い時期にあきらめて、正解だったわと…。(笑)
なにやら自虐的な感想になってますけど~~~???








いやホント、映画自体はとてもおもしろかったです。

ツッコミどころはいっぱいありますが。(笑)

なんで、たけるんは高校生なのに、倒れて救急車で病院に運ばれてんのに親が出てこないの!?とか。
いやいやいやいや、高校生デショ! 無理でしょ!!!って何度思った事か…。







まぁ、そんなちっちゃいことを抜きにしたら、ほんと、漫画家さんの世界を美化せず、裏の裏まで見せます!的な描き方をしてるんじゃないかなぁ?って。

自分が漫画家になったことがあるわけじゃないからわからないけれど、ああいう苦悩って、どんな売れっ子さんでも経験するんじゃないかしら?っていうリアルさがあったなと。

まだまだ続きそうなお話だったので、あの2人がもう一度ヒット作品を世に送り出して、ホンモノの漫画家さんになってくれたらいいなぁって思ってしまいました!(いや、だからこれ、映画だから!!!)










しかし、昔の私って、ほんっとに無謀だったのだねぇ…。










おもしろいですねぇ | Home | 驚きはしましたが、私は元気です、

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。