FC2ブログ

.。・☆・.。. さんチャン’s しあわせ工房.。・☆・.。.

しあわせは、いつもあたりまえのように思っている日常の中にある(*^ ▽^ *) あたりまえのようであたりまえじゃない、ちいさなしあわせを、日々の中で見つけていきたいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらですが、青空エール感想。(笑)

えーと…そもそも、直前に感想をアップした映画って、なんだったんだっけかな…?

…って、げっ! 植物図鑑かい!?
えー、何月に行ったんだっけ~~~???






ろ、6月か…。
6月、6月…そして今は、10月…。
植物図鑑見たのなんて、もう、ものすっごい昔のことのような気がするのに…。たはは。

えーと、調べてみたところ、
7/10『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』
8/31『青空エール』
9/10『君の名は。』
となってますね。
順調に、1ヶ月に1本、観ているようです。んで、明日が『SCOOP!』だもんね。
実はその次は、『グッドモーニングショー』に行きたいと思ってるんだよね。

で、青空エールは、どうだったっけかなぁ。(遠い目)
この物語に関しては、原作をずっと読んでいたので(友達に借りて…)、観に行くか行かないか、けっこう迷ったのでした。
2時間の中に、どれだけのエピソードを入れられるんだろう?って、どこを切り取ってくれるんだろう?って、考えちゃうもんね。
でも、吹奏楽をやっている者としては、やっぱり見逃せないなぁって思って。
プロの役者さんたちが、演奏シーンをどんな風に演じるのかなっていうところが、気になってしまうんだよね。
で、音自体はやっぱり吹替えなんだろうけど、指使いとか息継ぎとかがちゃんと出来てて、感心しました! すごいなぁ!!

配役に関しては、主人公の翼ちゃんが土屋太鳳ちゃんだったんだけど、翼ちゃんの、芯は強いんだけど、思いを言葉にするのが苦手な、内向的な感じのところが、土屋太鳳ちゃんのイメージに合ってたかなって。(でも、青春映画といえば、なんでもかんでも土屋太鳳、有村架純、山崎賢人…みたいなのって、もうやめてほしいかもー)
ダイスケくんも、最初に決まった時は、えー、線が細すぎじゃない?イメージ合わないかも…と思っていたけれど、実際には、原作のダイスケくんより爽やかで、なんだかとっても好青年っぽい竹内涼真くんに、ちょっとドキドキしました。今、私の中で、人気急上昇中の男の子です。(あと、中川大志くんねー。2人とも、かっこいー💛)
涼真くんと太鳳ちゃんの身長差に、はきゅんでした。いいなぁ、あの身長差!!

お話も、大事なところはちゃんと、押さえてくれてたかな。きっと、監督さんが、原作を読み込まれてたんだろうなって感じました。すごく丁寧な作りだった気がします。
たまに、ちゃんと読んで理解してんの!?っていうような切り取り方をしてある作品もあるからなぁ…。そういう意味では、原作ファンを裏切らない、いい作品だったと思いマス。
そんで、実は今、来年公開の『はいからさんが通る』が楽しみで仕方ない私です。

おや?思ったより長くなったねー。
このまま、『君の名は。』にいくわけには、いかなさそうです。
この作品もねー、すっごくよかったんだよねー。
映画を観ちゃった上に、たまたま9月22~23日に1泊2日で東京に行く用事があったので、TeNQであった、『新海誠が描く宙展』に行ったくらいなんですよぉ! ただ、ホントに強硬突破弾丸日程だったため、友達誰もに声をかけられなかったという…。(しかも、23日は平日だったしね。😅)
23日は、実はそれだけでなく、藤城清治影絵展にも行ったのです。この件も、また機会があったら、書きたいと思いまする。

とりあえず、映画の感想なんだか近況報告なんだかわかんなくなって来たので、この辺りでドロンします。

また近いうちに参上しまっす!!!








もう、勢いで行ってしまいましょうか! ~ 映画 『君の名は。』 感想 ~ | Home | 発散ではなく、吸収するライヴ♪ ~ Kazumasa Oda Tour 2016 君住む街へ 9.18 広島グリーンアリーナ 感想 ~

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。