FC2ブログ

.。・☆・.。. さんチャン’s しあわせ工房.。・☆・.。.

しあわせは、いつもあたりまえのように思っている日常の中にある(*^ ▽^ *) あたりまえのようであたりまえじゃない、ちいさなしあわせを、日々の中で見つけていきたいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルの中に、すべての謎の答えがあった ~ 映画 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 感想 ~

毎度あり!(なにが?)






映画のネタバレ注意報発令中。
いつものように核心には触れませんが、ちょこちょこネタバレありです。







ご無沙汰してます。

今日は、Sさんと一緒に、カープ体感パラダイスに行きがてら、同じイオンモール内の映画館で、表題の映画を観て来ました。

とにかく、福士蒼汰くんが、いいっ!!
電車の中で、小松菜奈ちゃん演ずるヒロインの、えみちゃんに一目惚れするのですが、まずその恋の落ち方がいいっ!
彼女に思い切って声をかけるところも、二人の距離が少しずつ近づいていく様も、女の子がきっと、『こんなふうに(カッコイイ男の子に)一目惚れされるって、素敵だな。こんなふうに想いを打ち明けられるって、いいな。手を繋ぐのって、いいな』って思わずにいられないような、模範的な『男の子像』を、完璧に演じてくれていたと思いマス。

ほんと、カッコよすぎるんだってばー。
まぁ、完璧なモテ男子ではないんだけどね。役柄的に。

お話の内容は、カラクリがわかっても、なかなかどういうわけでそうなるのかってところがわかりにくくて、途中までは、頭の中が混乱してました。

進んでいくにつれ、ラストに近づくにつれ、こんがらがった糸がほぐされていって、事の結末が見えた感じです。
そして、すべての謎を解く言葉がまさに、タイトルそのものだということがわかって、納得したんだけど、切なかった…。




方向性としては、以前見た、『陽だまりの彼女』のような不思議さに類似していると感じ、テーマとしては、去年の今日見た、『Orange』に通じるものを感じました。





福士蒼汰くんだからといって、少女漫画原作の、ベタな恋愛映画を想像して行くと、ちょっと違うなと思うかもしれません。
ファンタジーで、SFだから。

そもそも、どうしてそうなるのかっていう根本的な部分がわからないので。
あとはもう、ふーん、そういう設定ってことね。と思って見ないと、結論が出ません。(笑)








その後の二人が幸福なのかどうかも、一筋縄では答えが出ない…そんな物語です。

でも、初々しいカップルだったな~。
福士君もいいんだけど、小松菜奈ちゃんも、相当いいよ。
透明感抜群の女優さんだね。
えみちゃんの雰囲気、バッチリです。
あの役は、透明感があって、ちょっと現実離れしてる感じの子でないと、できないと思う。
いくら旬の女優さんでも、広〇す☆ちゃんや、土●太▽ちゃんではイメージ合いませんから。







まだまだ、観たい映画が控えてます!
次は何を観に行こうかなぁ。









謹んで新年のお慶びを申し上げます | Home | 3年半が経過しました

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。