FC2ブログ

.。・☆・.。. さんチャン’s しあわせ工房.。・☆・.。.

しあわせは、いつもあたりまえのように思っている日常の中にある(*^ ▽^ *) あたりまえのようであたりまえじゃない、ちいさなしあわせを、日々の中で見つけていきたいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは、どういうことかな?

先日、4年目の検査にて、再発の所見なしという結果でございました。






…のでありますが。(つづく)








なんといいますか、CTにて、肩甲骨まわりの筋肉内に、嚢胞のようなものがあるという診断を受けました。
それが去年より大きくなっているから、とかで、MRIを受けることになったのですが、その経緯というのが、なんとも腹立たしいものでありまして…。






…っつかさー、何度も何度も病院行かせるの、やめてほしいんですけどっ!!

まずCTを撮った翌週、結果を聞きに行った日に、主治医(外科)から、ちょっと気になる画像なんですよ。と上記の説明を受け、もっと詳しく調べるにはMRIを撮らなきゃわからない、と。
とりあえず、整形外科の先生に診てもらわないと、と。
その日は整形外科の外来もある日だから、今日でもいいですよ。と言われたのですが、1時間年休しかもらってなかったし、その先生が手術中なので、何時に診察してもらえるかわからないと言うから(よく考えたら、今手術中の先生じゃなくても、他にも居ただろーよ…と思うわけです)、じゃあ今日はいいです、帰ります。と、次の週を予約して帰ったわけですよ。

まぁ、大したことはないだろうなと思いながらも、やっぱり1週間、頭のどこかにそれがあって、気になることもあって。
そしてようやく昨日行ったわけですが、整形外科医の診断が、まるっきり先週とおんなじで。
え、じゃあ今日MRI撮っていただけるんです?と訊いたら、いや、今日は予約でいっぱいなので。今日がよければ、17時以降なら…とか言うわけですよ。おいコラ、今9時だぞ!? 何言いよん、この人!?って感じでした。

それでなくても、CT、結果説明と、3週続けて来てるのに、また来週検査に来るとか、嫌なんですが。とはっきり言ったら、『おわかりかと思いますが、MRIの予約は、次は早くても数週間後になります』とか言いやがった…。
え? 数週間も、不安なまま待たないといけないんですか?と訊いたら、『だったら早く検査されるしかないですよね』とな。

はぁ!?って目を剥いたがな。

今、早くても数週間後って言ったの、誰だよ!?って。
そいつ(なんかもー、先生とかって呼びたくない…)、まぁ、そんなに急いでどうこうっていうものではないと思いますから…とも言うておったわ。じゃあ、検査なんてしなくていーじゃんか!って言いたくなりません!?

結局病院なんて、検査してお金稼ぎたいだけなんでしょー!?って言いたくなりました。
ホントに悪い物なら、前みたいに、あっとゆーまに必要な検査を入れて、とっとと入院日と手術日を決めてるさ。

それに、MRI撮ったところで、その細胞が良性か悪性かなんて、細胞診してみなきゃわかんないんじゃねーのかい!?

なんかもう腹が立ったので、『数週間も待ってられないし、私、病院に勤めてるのでそこで撮ってもらうので、紹介状書いていただけます?』ってこっちから言うてやったわ。
そんなわけで、明日うちの病院で診断してもらって、その時にMRIの日時を決めてもらうことになると思います。







なんかもう、それが良性か悪性かってことより、病院の対応の悪さ(医者のことだけど)に、辟易としたのでした。
主治医に言ってやったもん。

『今日の診察って、何か意味があったんですかね? 必要なかったですよね』って。

主治医は、自分の専門外なので、やっぱり、整形の先生に診てもらう必要があったんです。とかって言ってたけどさぁ。
でもさぁ、なんだったのこの1週間…。









なんかもう、4年も経って、いろんなことを忘れている自分を試された気になってみたり、振り返って反省しなさいよ~という材料を与えてもらった気になってみたり、気持ちがユラユラでした。(笑)

まぁ、なんともないとしか思えないんですけどね~。










あまりに頭に来たので、ちょっとボヤきに来てしまいました。
私、元気ですから!!!











私が立てた仮説が、なかなかいい線行ってたのだよ ~ 映画 『ちょっと今から仕事やめてくる』 感想 ~ | Home | あーきて、そーきて、こー来るか!的な。(笑) ~ 映画『帝一の國』感想 ~

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。